POLYFIN > POLYFINとは?

POLYFINとは

POLYFINは紫外線、熱、水の影響を受けないポリオレフィン樹脂から作られた25年間防水保証の超耐久性屋上防水シートです。

RC造マンション(東京都)施工前

RC造マンション(東京都)施工後

ポリオレフィン樹脂とは?

ポリオレフィン樹脂とはポリエチレン、ポリプロピレンを代表とする極めて耐久性の高い樹脂です。スーパーマーケットで食品を包装している袋やラップは全てポリオレフィン樹脂です。酸やアルカリに強く全く毒性がないため広く食品、医療、化学分野で利用され、その生産量は世界の樹脂生産の約半分を占めます。

防水材としてのポリオレフィン樹脂

国内ではあまり知られていないポリオレフィン防水シートですが、欧米での歴史は古く 60年代から TPO(Thermoplastic Polyolefin)防水シートとして広く流通しています。建物のみならずトンネルの防水にも使われ東京湾アクアラインの防水にも利用されています。

屋上防水材として理想的な物性

ここでは一般的な屋上防水材であるアスファルト、塩化ビニル(正確にはポリ塩化ビニル)とPOLYFINを比較してみます。

(1)弾性
屋上コンクリートは毎日太陽の熱により伸び縮みを繰り返します。屋上防水材として耐候性の高い無機物(ガラス、セメントなど)を使用せず、水や紫外線に弱い有機物(アスファルト、 塩化ビニルなど)を使用するのは弾性(伸びる性質)が必要であるためです。ここで各素材の弾性を比較してみましょう。
アスファルト15%
塩化ビニル150%
POLYFIN500%
(2)耐候性
アスファルト天然物なので様々な分子構造がありますが、特に熱と紫外線に弱く、不飽和結合を多く含むロットのものほど早く劣化します。
塩化ビニル可塑剤(樹脂を柔らかくする薬品)を多く含み、これが水や紫外線の影響で表面に析出すると収縮やジョイントの剥離が起こります。
POLYFIN水、熱、紫外線、オゾンなどの外部要因に全く影響を受けません。
(3)ジョイント
アスファルト
塩化ビニル
材料の経年劣化とともにジョイントが剥離します。
POLYFIN熱溶着により一体化したジョイントは剥離することがありません。
(4)環境に優しい
アスファルト廃棄物処理はマニュフェストを必要とします。
塩化ビニル同様にマニュフェストを必要とします。不完全燃焼によりダイオキシンが発生します。
POLYFINポリ袋と同じ素材なので燃えるゴミとして扱えます。

素   材 : フレキシブルポリオレフィン (FPO) 色:グレー
製品形状 : 1.6mmx1050mmx20m 比重:1.0g/cm

(物性値)
引張強度(DIN EN12311-1 Method B): ≧7N/mu
破断伸張度(DIN EN12311-1 Method B): ≧500%
溶着部せん断強度(DIN EN12317-2): ≧400N/50mm
引裂抵抗(DIN EN12310-2): ≧150N
耐根性(prEN 13948):適合
形状安定性(DIN EN 1107-2): ≦0.3%
低温屈曲性(DIN EN 495-5):≦-40℃
瀝青との反応性(prEN 1548): 適合
水密性(DIN EN 1928 Method B): ≧10kPa
水蒸気透過性(DIN EN 53122): 0.2g/u/day

素   材 :フレキシブルポリオレフィン(FPO)
製品形状 :2.0mmx1,050mmx20m
比   重 :1,0g/cm
素   材 :フレキシブルポリオレフィン(FPO)
製品形状 :2.0mmx1,050mmx20m
比   重 :1,0g/cm
(物性値)
引張強度(DIN EN12311-1 Method B): ≧4N/mu
破断伸張度(DIN EN12311-1 Method B): ≧400%
溶着部せん断強度(DIN EN12317-2): ≧300N/50mm
引裂抵抗(DIN EN12310-2): ≧200N
耐根性(prEN 13948):適合
形状安定性(DIN EN 1107-2): ≦0.5%
低温屈曲性(DIN EN 495-5):≦-20℃
瀝青との反応性(prEN 1548): 適合
水密性(DIN EN 1928 Method B): ≧10kPa
水蒸気透過性(DIN EN 53122): 0.2g/u/day
(物性値)
引張強度(DIN EN12311-1 Method B): ≧7N/mu
破断伸張度(DIN EN12311-1 Method B): ≧500%
溶着部せん断強度(DIN EN12317-2): ≧400N/50mm
引裂抵抗(DIN EN12310-2): ≧150N
耐根性(prEN 13948):適合
形状安定性(DIN EN 1107-2): ≦0.3%
低温屈曲性(DIN EN 495-5):≦-40℃
瀝青との反応性(prEN 1548): 適合
水密性(DIN EN 1928 Method B): ≧10kPa
水蒸気透過性(DIN EN 53122): 0.2g/u/day

カタログダウンロード

カスター総合

POLYFIN3018

簡易カタログ

ページの先頭へ

counter